私が品川近視クリニックでICL手術を受けた理由

 

こんにちは!都内在住のユミです。現在30歳でサラリーマンをしています。家族4人で仲良く暮らしてます。

私は小さい頃から目がすごく悪く、メガネを23年間、コンタクトを15年間使ってきました。20194月に、品川近視クリニックICL手術を537,000で受け、視力が0.04→1.5となりました。裸眼でとても快適な生活を送れています。

ICLってどんな手術?

ICLを選んだ理由は?

品川近視クリニックを選んだのはなぜ?

 

このような簡単な疑問にお答えします!

 

ICLってどんな手術?

 


 

ICLとはインプランタブル・コラマー・レンズの略です。目に36mmのキズをつけ、中に12.1mm13.7mmの長方形のようなレンズを入れて近視を矯正する手術となります。

 

ICLという名前の他にも様々な名称で呼ばれていますね。

 

  • ホールICL(穴あきICL)
  • 永久コンタクトレンズ
  • フェイキックIOL
  • 眼内コンタクトレンズ

 

レンズのことをさしていたり、手術をさしていたりと細かい意味合いは微妙に違います。

私がなぜICL手術を選んだのか?また、なぜ品川近視クリニックを選んだのか?それをお伝えし、読者の方々の新しい第一歩を踏み出すことに役立てて頂ければと思います。

 

 

私がICL手術を選んだ理由は5つ!

 

  1. 仕事上、コンタクトやメガネがNG
  2. 強度近視のため、レーシックよりICL
  3. 同僚がレーシックをしたあと視力が元に戻っていた。
  4. 金銭面的にメリットが大きい。
  5. つける・はずす、の煩わしさゼロ!

 

1.仕事上、コンタクトやメガネがNG

私の仕事は交代制で、夜勤があります。したがって夜中に仮眠時間があります。仮眠時間中にも緊急で仕事をすることが何度もありました。

起きてすぐコンタクトをつける余裕もなく、つけたまま寝ると目が痛くなったりしたので困っていました。よって夜中はメガネを使っていましたが、メガネは日中・夜間ともに仕事をする上で推奨されていませんでした。

「なんとかしたいなと思いながら働いておりました。

 

 

2.強度近視のため、レーシックよりICL

レーシック手術は原則-6.0Dまで。ICL手術は-6.0Dから-15.0Dの強度近視の方に推奨されています。私は両目とも-8.5D程度でしたので強度近視にあたります。

レーシックだと、近視が強いほど削る角膜が増えるとの説明がありました。

 

 

3.同僚がレーシックをしたあと視力が元に戻っていた。

職場にはレーシックをした人が多くいました。その方達の中で数人、視力が昔に戻ったケースがありました。削った角膜の屈折率が元に戻ることで近視が強くなったとのことです。

その方達は再びコンタクトをつけるか、メガネをかけていました。その点、ICLは角膜も削らず、何かあればレンズを抜去することも可能です。

つまりICLは可逆的、レーシックは不可逆的なのです。

 

 

4.金銭面的にメリットが大きい。

コンタクトレンズは2weekを使用しておりました。月に2500円程度の費用でした。

1ヶ月2500×12ヶ月=年間3万円

年間3万円かかっておりました。仮にこれから退職まで30年使ったとしても、

年間3万円×30年=90万円

90万円の費用がかかります。これに合わせて保存液等の費用もかかります。1dayのコンタクトレンズはもっと費用がかかるのではないでしょうか?

比べると、もちろんICLの方が数十万円安いです。

 

 

 

5.つける・はずす、の煩わしさゼロ!

朝に歯を磨く・顔を洗うのと同じように「コンタクトを入れる」をしていましたが、なかなか面倒くさいですよね。そして眠たくなった時、「コンタクトを取る」のもまた面倒くさいですね。保存液をかけてゴシゴシ。これやってる時に眠気が覚めちゃうなんてこともありました。つけたまんま寝て、朝に目が痛くて開かない、そのまま眼科へなんて時もありました。着脱のことを一切考えなくていい、というのは私にとって最大のメリットです。

 

 

なぜ「品川近視クリニック」を選んだのか?

 

  1. 知名度がある
  2. 金額が安い

理由はこの2つです。

レーシック手術などで聞いたことのあった新宿近視クリニック品川近視クリニック、そして指原莉乃さんがICL手術を受けたことで話題となった神戸神奈川アイクリニック、これらの眼科はICLで検索しても上位に入っていました。

私は上記の3つのクリニックのICLの値段を比べました。近視が両眼-8.5Dの場合の金額です。

 

  • 品川近視クリニック537,000
  • 新宿近視クリニック 638,000
  • 神戸神奈川アイクリニック 680,000

 

品川近視クリニックが最も安いのです。非常に満足しています。

私がなぜICL手術を品川近視クリニックで受けたか、ご理解頂けたでしょうか?

 

私のように強度近視であり、なおかつ手術を悩んでいる方がおりましたら、是非うけてみることをオススメいたします!相談や質問なども受け付けております。気軽な気持ちでコメントやメール下さい!読者の方の輝かしい日々の後押しをするために、これからも更新していきます。

 

2019年3月から、

私はメガネ・コンタクトレンズなしで生活しています。

 

おかげさまで毎日の生活をとても快適に過ごせています。

 

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

 

・火災現場で、空気呼吸器をつける時はメガネをつけられない…

・仮眠中に緊急出動があった時、コンタクトをつける暇はない…

・コンタクトつけたまま5〜6時間も仮眠したら目が痛くて我慢できない…

・これから消防士になるけど、視力矯正の手術をするべきなのか…?

・レーシックは視力が戻るみたいだけど、どうしよう…

・コンタクトレンズをつける生活をもうやめたい…

・ドライアイや花粉症の症状を減らしたい…

・メガネをつけて生活したくない…

 

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が「充実した生活」に必要だと考えていることは、

「緊急でもしっかり目が見えて、視力が落ちないこと」

強度近視は決して治らない病気ではないのです。

 

 

 

↓ 私の生活が変わった手術 ↓

 

ICL(眼内コンタクトレンズ)手術の体験談

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です