消防士の採用試験に合格する参考書はこれのみ!働きながら勉強する方法

こんにちは!ユミです。

私の夫は消防士です。彼は元々民間の会社で働いていました。働きながら勉強をしていたのですが、「何を使ってどれくらい勉強すればいいの?」と悩んでいました。相談する人もおらず、予備校に行く時間もなかったようです。

この記事は、以前の夫のように「合格するために何を使ってどれくらい勉強すればよいのか?」と採用試験に合格するために勉強をしている人のために書いています。以下は、筆者である妻の私が、夫の立場でブログを書かせていただきます。

東京アカデミーの通信講座に入った

なぜ東京アカデミーの通信講座に入った?

私は田舎で社会人生活を送っていましたので予備校に行けませんでした。働きながら公務員試験の情報を得つつ、テキストを手に入れるために東京アカデミー通信講座に入りました。

先に言うと入らなくても合格は可能かなと思います。

なぜかと言うと私はテキストしか使わなかったからです。そのほかに通信講座であれば受けられるサービスを一つも使いませんでした。

通信講座に入ると大金がかかります。テキストはamazonやフリマアプリなどで安く手に入れることができますね。それを再利用するだけで十分です。

店で売っている参考書のどれを使えばいいかわからなかったので、迷わず勉強を始められて良かったです。

どのテキストを使った?

これだけですね。この基礎編が①〜⑤までありますが、これを解いて解説を見て、やり直す、これの繰り返しです。

ちなみに、全てをやる時間はありませんでしたので、ある部分のみやっていました。

それは数的処理です。

素早く解いて慣れる必要があったのと、採点全体に占める割合が大きかったからですね。他の教科も解きましたが、ここに一番時間を費やしました。

どの教科を捨てた?

引用:公務員講座に払う金があったら旅行にでもいってこい

こちらは「せんせい」さんが運営しているブログですが、この表は素晴らしいと思って引用させていただきました。まさに私も当時こうやって捨て教科を作りました。

上の図の暗く網掛けされているところはほとんど落としました。逆にそれ以外をほとんど正解させました。

2度受けて、26点で通過、28点で通過、と1次試験は2度とも合格することができました。捨て教科を一生懸命勉強しても、もともと時間がないのでコスパが悪いのです。

例えば東京の消防の令和元年の採用試験を見ると、

1~5 文章理解・現代文(要旨把握)
6~8 英語・英文(会話文×2 文法)
9~12 判断推理(対応関係・3集合・暗号・対応関係)
13~18 数的推理・空間把握(小立方体の個数・正十二面体・自然数の組合せ・正答の数・覆面算・平均)
19~23 資料解釈
24~26 政治(裁判所や裁判官・国会が有する立法権・民族、地域紛争問題)
27 経済(インフレーション)
28~30 時事(国民栄誉賞・各国の出来事・北朝鮮情勢)
31 世界史(世界恐慌)
32 日本史(明治時代の社会運動)
33 地理(ケッペンの気候区分)
34~35 国語(四字熟語・ことわざ慣用句)
36~39 数学(絶対値を含む方程式・2次関数の最小値・三角不等式・円順列)
40~41 物理(放射線・電流計と電圧計)
42~43 化学(有機化合物・酸、塩基)
44~45 生物(血糖値・体細胞分裂)

となっています。

これの1~23問目までを全部正解すれば、あとは全て間違ってたって1次試験は合格すると思います。

歴史や地理などの知識ってピンポイントで確実に覚えてなきゃ1点が取れないですよね。

しかもその科目から10問も出れば勉強する気になりますけど、1問しか出ないのであれば勉強時間が勿体無い。

「暗記」より「解法」を勉強して身につけた方がいろんな問題に融通が効くので、勉強時間のコスパが良いんですね。

どうやって勉強した?

勉強の時間を決めずに、解く問題の数だけ決めました。「10問解いて終わり」というようにです。

それを解いて、解説をしっかり読みます。間違っていたものに関しては特にしっかり読み込みます。

数的処理などは、解説に出てきた式を書いて頭で理解します。それをやっていくと他の問題も解けるようになります。

何度も言いますが、大事なことは「間違った問題の解説を読んで、似た問題を解けるようにすること」です。

どれくらい勉強した?

12時間を、3ヶ月くらい続けました。

週5日8時間フルで働いてましたので、時間を取るのは難しかったです。しかし空いてる時間を使ってやれることはやりました。

「受かったら人生が変わる」と信じてやりました。

まとめ

  • テキストは出たDATA問を使う
  • 捨て教科は勉強しない
  • 間違った問題は解説をしっかり読む

これだけやれば20点はきっと取れるはずです。あとは自分の努力や運で加点していって下さい。

 

20193月から、

私はメガネ・コンタクトレンズなしで生活しています。

 

おかげさまで毎日の生活をとても快適に過ごせています。

 

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

 

・火災現場で、空気呼吸器をつける時はメガネをつけられない

・仮眠中に緊急出動があった時、コンタクトをつける暇はない

・コンタクトつけたまま5〜6時間も仮眠したら目が痛くて我慢できない

・これから消防士になるけど、視力矯正の手術をするべきなのか

・レーシックは視力が戻るみたいだけど、どうしよう…

・コンタクトレンズをつける生活をもうやめたい…

・ドライアイや花粉症の症状を減らしたい…

・メガネをつけて生活したくない…

 

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が「充実した生活」に必要だと考えていることは、

「緊急でもしっかり目が見えて、視力が落ちないこと」

強度近視は決して治らない病気ではないのです。

 

 

 

↓ 私の生活が変わった手術 ↓

 

ICL(眼内コンタクトレンズ)手術の体験談

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です